ふるさと納税でYOSHIKIワイン「Y」が貰える!X JAPANのファンなら要チェックです

ふるさと納税をする事でその地方の特産品などが返礼品として貰えますが、千葉県館山市への寄付でX JAPANのリーダーYOSHIKIプロデュースのワインがもらえます。

YOSHIKIと千葉県館山市に何の関係が?と思われる方もいるかと思いますが、館山市はYOSHIKIの出身地という事もあり、このコラボレーションが実現しました。

YOSHIKIワイン「Y」とは?

YOSHIKIプロデュースのワイン「Y」ですが、これは一体どのようなワインなのでしょうか。

YOSHIKIのワインへのこだわり

YOSHIKIはワインへこだわりを持っているようで、下記のようなコメントを寄せています。

「作曲をする時、私は五線紙に音符を書いていきます。楽器は滅多に使いません。
頭の中ですべてのメロディが聞こえるからです。そしてこの工程でほとんどが完成します。
ワインは私にとって音楽と同じです。一口、口に含むたびにイマジネーションが広がり、心が解き放たれます。
“Y”は、ロブ・モンダヴィJr.と共に、私のワインと音楽への情熱から創造されました」

YOSHIKIの音楽に対する情熱と同じであると捉えると、恐ろしく完成度の高いワインなのではないかという気がしてきますね。

「Y」とは

その「Y」の解説を詳しく見ていきましょう。

2009年に誕生した「Y by Yoshiki」は、YOSHIKIとナパ・ヴァレーのワイン造り手一族の4代目であり醸造家でもあるロブ・モンダヴィJr.とのコラボレーションにより造られたワインです。

カリフォルニアに拠点を置き、ワインに親しんできたYOSHIKIは、常にモンダヴィ・ファミリーを称賛し、彼らの造るナパ・ヴァレーのワインを購入しコレクションし続けてきました。そして、彼がコラボレーションの相手として選んだのが、カリフォルニア・ワイン業界で最も尊敬されるファミリーの1つであるマイケル・モンダヴィ・ファミリーでした。

2009年2月、ナパ・ヴァレーを訪れたYOSHIKIは、マイケル・モンダヴィとロブの親子と会い、彼らの自宅で夕食を共にし、マイケル・モンダヴィ・ファミリー・エステートではロブと共にワインのテイスティングを行い、シャルドネとカベルネ・ソーヴィニョンのブレンドを行いました。
その時にブレンドした最初のヴィンテージである2008年カベルネ・ソーヴィニョンとシャルドネは2009年の秋に日本でリリースされました。このワインはYOSHIKIの個人的に好きな味わいやフレーバーを、彼がティスティングから選び、造られたワインです。

その後、2016年秋に新しくリリースされた2011年カベルネ・ソーヴィニョンと2012年シャルドネは、カリフォルニアの銘醸地であるナパ・ヴァレーのブドウだけから造られたプレミアムワインでした。2017年暮れにはそのワインが大注目され即完売。日本の市場から一切ワインが無くなってしまいました。
そこでYOSHIKIはより多くの人々にカジュアルに飲んでもらえるワインを造りたいと考え、再びロブと試飲を重ね、セカンドワインとも言える新しい「Y by Yoshiki」を完成させました。前作同様それぞれの品種の個性を十分に表現し、かつカリフォルニアらしさも楽しめるワインとなっています。
(WineInStyle KK. 2018)

醸造家でもあるロブ・モンダヴィJr.と共にかれこれ約10年ほどワイン作りに携わってきて完成したワインという事ですね。

返礼品ラインナップ

返礼品のラインナップは「赤」と「白」と「赤と白のセット」の3パターンです。

YOSHIKIワイン赤「Y by Yoshiki 2016」

寄付金額:15,000円

詳細をチェック!

YOSHIKIワイン白「Y by Yoshiki 2017」

寄付金額:15,000円

詳細をチェック!

YOSHIKIワイン赤・白セット「Y by Yoshiki」

寄付金額:30,000円

詳細をチェック!

関連記事

ふるさと納税でビールを貰おう!プレモルやエビスビール等の有名所から地ビールも!